遺言の種類

(法的に有効な)遺言には3つの種類があります。

①自筆証書遺言・・・遺言者が遺言の内容の全文を手書きで作成する方式です。

②公正証書遺言・・・遺言者が遺言の内容を公証人の面前で話し、公証人が文章にまとめて作成する方式です。

③秘密証書遺言・・・遺言を書面で作成(署名は自筆)し、公証人が封印して保管する方式です。

このうち、③については利用する人が少なく(年間100件程度と言われています)、ほとんどが①か②の方式で作成されています。

日本公証人連合会のHPによれば、平成29年の遺言公正証書作成件数は約11万件。

他方、同年の家庭裁判所における遺言書の検認件数は1万7千件 。

遺言を作成した年と死亡する年は同一では無いので、単純な計算では出すことができませんが、ざっと考えるだけでも圧倒的に公正証書遺言の方が多く作成されているのが分かります。

これは、

・多額の財産を保有している高齢者にとって全文を自書することは大変な負担であること

・せっかく遺言書を作成しても形式や内容の不備があると無効になってしまうこと

等により、自筆証書遺言が利用しにくい、という理由によるものと考えられます。

《こんなご相談はあみ法務行政書士事務所へ》

□家族への思いやり★遺言書

□今後への保険★任意後見契約・財産管理契約・尊厳死宣言

□安心して新しい生活へ★離婚協議書

□日本でずっと暮らす★帰化申請

大阪あべのハルカスの女性行政書士事務所⭐あみ法務ホームページ

https://www.amihomu.com/

最新記事

すべて表示

公証役場一覧【大阪府】

公正証書を作成するには、公証役場というお役所にいる公証人の先生に作成を依頼する必要があります。 公正証書を作成する公証役場は、住所と関係なくどこでも自由にお選びいただけます。 大阪府内では以下の11ヶ所の公証役場があります(2019年10月現在)。 ■梅田公証役場    〒530-0012 大阪市北区芝田2-7-18 LUCID SQUARE UMEDA3階 ■平野町公証役場   〒541-00