SERVICE

取扱業務

ご相談の流れ

 
電話発信中のフリーアイコン (1).png
pixta_2476166_XL.jpg

STEP1:相談申込

まずは お電話LINEメールのいずれかで、

・簡単なご相談内容

・初回相談のご希望日時

をお知らせください。折り返しご連絡の上、予約日時を決めます。

*お問合せのみでは料金は発生しませんのでご安心ください。

吹き出しのアイコン1.png
IMG_4263.jpg

STEP2:初回相談

事務所での対面面談・オンライン面談・電話相談・出張相談のいずれかの方法で、ご相談をお受けします。

【初回相談】 30分~1時間程度 無料

お話しをお聞きした上で、当事務所の業務内容・スケジュール・料金等のご説明をさせていただきます。

サーチアイコン.png
IMG_4371.jpg

STEP3:ご依頼

初回相談後、当事務所に業務をご依頼いただける場合には、着手金のお支払いをお願いしております。

着手金のお支払いを頂いた時点から、書類作成などの業務を開始いたします。

ベタ塗りのドキュメント.png
pixta_555644_L.jpg

STEP4:書類作成

以下のような業務を当事務所が行います。

・必要な調査、情報収集

​・必要書類・立証資料一覧の作成

​・国内書類の取寄せ

・各種書類の作成

・公証人・出入国審査官・法務局等の官公庁との協議・交渉・連絡

​受任中、不安なことや分からないことがでてきたら、メールやLINE、お電話等でいつでも相談することができますので、ご安心ください。

握手のアイコン (1).png
01バナー写真.jpg

STEP5:申請など

書類が全て揃いましたら、お客様に最終チェックをしていただき、必要な場合はサインをいただきます。

着手金を除いた残りの報酬に、実費等の精算額(発生した場合)を加えたお支払いの時期は以下の通りです。(一括払いの場合を除く)

【報酬残額お支払い時期】

●ビザ(在留資格)・帰化・許認可     →官公庁への申請前

●公正証書関係   →公証役場での手続前

●その他の業務   →個別に指定する期日

ビザ・帰化・許認可の場合は、最終的な結果が出るまで、申請後も引き続きサポートいたします。

また許可後も、その後の手続など随時ご案内させていただきます。

​取扱業務

証明書のフリーアイコン.png

​永住許可申請

「永住者」への在留資格変更申請

pixta_421484_L.jpg
 

仕事内容に制限が無く、在留期間無制限の「永住者」の在留資格に変更したい。

活動内容や在留期間に制限のない「永住者」の在留資格への変更は、申請者が多い反面、出入国在留管理庁による永住許可の審査は年々厳しくなっているのが現状です。当事務所では、丁寧なヒアリングに基づき、現在の在留資格から「永住者」への在留資格変更申請の書類一式を作成し、出入国在留管理庁へ申請します。

​・申請取次行政書士が入管への申請を取次ぎしますので、ご依頼者様の同行は不要です。

・ご依頼者様の永住許可をサポートするため、最新の審査状況の把握に努め、説得力のある書類の作成をします。

入管指示の書類に加えて、申請を有利に進める立証資料の提案・作成をします。

当事務所に依頼するメリット

帰化業務イメージ写真.jpg
パスポートの無料素材2.png

帰化許可申請

日本国籍の取得

 

帰化したいが、仕事や家事・育児に忙しくて、帰化に必要な書類を集める時間がない。

​長年日本で暮らし、今後も住み続ける予定なので、日本の国籍を取得したい。

帰化申請が許可され日本国籍を取得する(=日本人になる)と、「日本人の家族と同じ戸籍に入ることができる」「日本のパスポートで海外渡航できる」など様々なメリットが考えられます。しかし帰化許可申請の手続きには膨大の書類が必要で、ご自分で手続きを全て行うのは大変な作業になります。

・行政書士が大部分の書類を収集できますので、ご依頼者様が官公署に書類を取りに行く手間を省けます。

・ご依頼者様とのやりとりはほとんどメールや電話、郵送で対応できますので、昼間お仕事をされている方でも手続きをすすめることができます。

・法務局への相談等は基本的に行政書士が行います。

・翻訳の手配も行います。

当事務所に依頼するメリット

 
証明書のフリーアイコン.png

​在留資格諸申請

在留資格認定証明書交付申請
​在留期間更新許可申請
​在留資格変更許可申請    など

t686grf576t.jpg

外国の方が日本で暮らし、働くためには、その活動内容に合った「在留資格(ビザ)」を取得・変更したり、期間が切れないよう更新したりすることが必要不可欠となります。出入国在留管理庁から依頼者様に代わりビザの申請をすることを許可された「申請取次行政書士」が、申請書類の作成から書類の収集、申請までをトータルにサポートいたします。

​仕事が忙しく、期間更新のたびに出入国在留管理庁に行くのが大変。

転職をしたので、在留資格の種類を変更しなくてはならない。

​新しく外国の方を雇用したいが、ビザ取得のためにどのような手続きが必要か分からない。

・出入国在留管理諸法令に通じた申請取次行政書士が、ポイントを押さえた印象の良い申請書類を作成します。
・入管指示の書類に加えて、申請を有利に進める立証資料の提案等をします。
・ビザの取得・更新が可能な限りスムースになるよう、多方面からサポートします。
・長期的・総合的な視野でビザに関わる各種相談に応じます。

・在留申請オンラインに対応しております。

当事務所に依頼するメリット

モデルケース

 
証明書のフリーアイコン.png

外国人雇用サポート
​(準備中)

料金表(外国人雇用サポート/準備中)
abenobox002.jpg

外国人を雇用したいけれど、どうしていいのかわからない方

外国人を雇用したけれど、手続きをどうしたらいいのかわからない方

(準備中)

当事務所に依頼するメリット

 
証明書のフリーアイコン.png

起業サポート
​(準備中)

料金表(起業サポート)/準備中
abenobox004.jpg

(準備中)

日本で起業したいけれど、どうしていいのかわからない方

(準備中)

当事務所に依頼するメリット

証明書のフリーアイコン.png

アポスティーユ
​(準備中)

料金表(アポスティーユ/準備中)
pixta_283173_L.jpg
 

(準備中)

アポスティーユが必要だけれど、どう手続きしていいのかわからない方

(準備中)

当事務所に依頼するメリット